Search
  • Quest Piano and Music

各々で発見

インター校の生徒さんたち、日本校の子たちより1ヶ月早く、夏休みに入りました。


普段なら、旅行やサマーキャンプ。


色々と予定を立てて、皆、そこそこ忙しくしているのですが、まだまだ落ち着かない昨今。


皆さんすこーしばかり手持ち無沙汰。


いつもなら、母国に帰ったりで夏休み中はお休みが増えたりするのですが、今年は、週2回レッスンに来たい、( いや、親願望で「来させたい」?) という子もチラホラ。


もちろん、ウェルカムなのですが、いつもより増えるレッスン回数。


『吉』と出る子も居れば、『凶』と出る子も。


試してみない限り、何とも言えないのが辛いところですね。


さて、今週の格言・名言ですが、実は作者がどういった方なのか不明。


初めてこのquoteがネットに出てきたのは2012年らしいのですが、作者のアレクサンドラ K. トレンフォーさん。


色々な人が検索してるいるのにも関わらず、どういった方なのか未だに不明。


実名でなく、ペンネームだったのでは、というところで今は落ち着いています。

“The best teachers are those who show you where to look but don’t tell you what to see.”

Alexandra K. Trenfor.


「もっとも良い教師は、どこを見るべきかは示すが、何を見るべきかは教えない。」


西洋の教育理論で教えられることですが、子供は、己で発見したこと物事ほどはっきり記憶するらしいです。


比較的東洋に多い、答えを示し暗記させる、という教育方針。


時短になるので、一概に間違っているとは言えませんが、生徒自身に考えさせ、発見してもらい、答えを導びかせる方が、個々の成長には大事なのではと、思います。

2 views0 comments

Recent Posts

See All